近年は、九月十月になっても残暑が厳しいですよね。

秋が来たと思ったらすぐに冬になってしまって、秋のファッションを楽しむ期間がとっても短くてがっかり、ということもあります。

でもニットなら、冬にコートの下に着られますし、持っていて損はない秋のアイテムと言えます。

でも、冬にコートに隠れてしまうニット、せっかくだから秋のうちにいろんな着こなしをしちゃいましょう。

まず、色はブラック、グレー、ネイビーなど無難なカラーを選ぶのもありですが、ここは思い切ってキャメルやボルドー、などの色物を使うとぐっとおしゃれになります。

タートルニットなど薄手のニットは一枚できてもOKですし、バルキーセーターなどのざっくりしたものは下にホワイトのシャツを合わせてもスマートです。

薄手のニットは逆に上にシャツを羽織ってもいいですね。

こういうニットには薄手のストールなどではなくて、色を合わせたウールのマフラーやニット帽が抜群に相性がいいです。

フェルト素材のハットなどもおしゃれに合わせられます。

たとえば、ボルドーのニットなら、キャメルのハット、そしてブラックのコーデュロイのパンツにスニーカーなど。

  • 帽子:キャメルのハット
  • トップス:ボルドーのニット
  • ボトムス:ブラックのコーディロイパンツ
  • シューズ:スニーカー

色物を使うときは使いすぎず、一点はニュートラルなブラックを入れた方がいいです。

またはグレーのニット帽にマフラー、薄手のネイビーのニット、ベージュのパンツなどもすっきりしておしゃれです。

  • 帽子:グレーのニット帽
  • トップス:薄手のネイビーのニット
  • ボトムス:ベージュのパンツ
  • シューズ:スニーカー
  • 小物:マフラー

ホワイトのシャツにⅤネックもしくはクルーネックのニット、この場合はあえてマフラーをせず、ニットをボーダーなどにしてチノパンを合わせるのもいいですね。

  • トップス:ホワイトのシャツ
  • トップス:ボーダーのクルーネックニット
  • ボトムス:ベージュのチノパン
  • シューズ:スニーカー